お話会の募集を開始しています

月曜日はなかなかしんどいのです

こんにちは!
我が家の娘は、三年生になりカウンセリングに行った日以外、毎日登校できています。

しかしクタクタになって、帰宅後ピクリとも動かず眠っている姿を見ると、まだまだ緊張しながらずいぶん無理をして登校しているのだなぁと思います。

先生方も私たち家族も心配はしつつ、本人が登校しようと思う気持ちを大切に思い現在見守っています。

昨日も友人と遊び帰宅した後、ナント!宿題をし始めました。
以前は起き上がることすら大変だったのですから、劇的な変化に嬉しいやら心配やら
今の姿を見て人に意欲が湧くってこういう事なんだな~凄いな~と感じています。

私たちはそんな風に彼女自身が立ち上がろうとすることを補助している感じです。
赤ちゃんがつかまり立ちして手を放して歩き出すみたいな感じでしょうか。
宿題をしたとか(笑)・・・やっとそんな他愛もない暮らしの中のことを再び新鮮に感じている今日この頃です。

でもね、前日に宿題をして時間割を合わせ、学校へ行く気満々で眠っても、
月曜日の朝は、娘にとって体調が悪くなったりとまだまだ憂鬱な朝なのです。

そんな時はスキンシップをしたり、話をしてみたり、放っておいたり・・・家から一歩踏み出そうかという気持ちになるまで見守ります。
もし行けなくったって、大丈夫。
そうやって、行こうと(乗り越えようと)している気持ちが凄いって思うのです。

今は子供だけでなく大人にも

今は子供だけでなく、大人も会社に行きにくかったり、人付き合いに疲れたり・・・
自分を出せる場所が無いような気がして、辛い思いをされている方が多くおられます。
少しづつ暮らしやすいように・そして体に不調が出てしまってどうしても登校や出社などができない方やご家族の方が、認知されてゆっくり焦らず体調が戻るまで休めるような社会になりますように・・・

病気やケガなら学校に行かないことは仕方なくって、見えない心にいっぱい傷があって身体に不調が起こるほど悩んでいる人は、頑張りが足りないって・・・何だかおかしいですよね。
不調の出ている場所が違うだけで、ゆっくり休んで治すしかないことだってある。と思うのです。

 

お話会について

5月21日に開催されますお話会ですが、遠方からもお申込みをいただいているそうです。
教育関係の方や地域のことをされている方なども、ぜひご参加いただけますと嬉しく思います。

子供と一緒に歩みながら、つくづく思うのが一つの視点ばかりにとらわれると、大きな問題を見逃すことがあるかもしれないっていう事です。

例えば、娘は不眠の症状があったり、ふらつき・目眩など様々な症状が出ることがあります。
でも、例えば眠れないことばかり対処療法で治そうとすると、実は原因が違うところにあった・・・なんてことも。
だから色々な方向から見ることってとても大切だと思っています。

そして家庭の中では、本当に見えないゴールに向かって歩いているんじゃないかって、
親だってそう不安に感じてしまうことがあるのです。

今回お話会の主催者、中尾亜由美さんに
「きっとたくさんの方がお話を聞きたいと思っていると思います。
お話しませんか?」
そんな風にお声をかけていただき、今回のお話会でお話をさせていただくことになりました。
愛する子供を支えたい、けれど自分もつぶれてしまいそうな気持になってしまう時だってある・・・シークレットな空間の中で、自分の家庭ならどんな風に取り組んでいけばいいのか一緒に見つけませんか?

私も不登校の勉強会にも行きましたしメルマガもたくさん読みました。
でもなかなか答えは見つからなかった。
誰に相談したらいいのかもわからなかった。
でもそんな中、試行錯誤して実践していくうちに、娘に笑顔が戻り再び学校へも友人と遊びにも出かけることができるようになりました。

私が暮らしの中で、傷ついて心を閉ざしてしまった娘と再び自分の事を話そう・相談しよう・甘えよう・そのような信頼関係を構築し、一緒に辛いと思う事を一つずつ解決しながら歩める関係になった方法など様々なことをお話させていただければと思います。

お申し込みはこちら

中尾亜由美さんまでお願い致します.・*.

ブログはこちら

【中尾亜由美さんプロフィール】

衣更月きさらぎ
現役の服作家。スピリチュアルヒーラー。コンサルタント。
2000年からハンドメイド作家として活動。

ずっと順風満帆だったわけではなく、色々なトラブルも経験済み。
そんな経験からビジネスとして必要な事、また、自立する事の大切さを学ぶ。
売れている人を徹底的に研究し、オークションや委託では毎回完売する作家となる。

2013年から自力でのネット販売を開始。
18年間培ってきたハンドメイド作家としての心持ち、
ノウハウ、ビジネスマインドを盛り込んだセミナーを2014年11月より開始。

全国に招致される。

コンサルティングでは商品や販売方法、魅せ方、SNSの活用方法、マインドアップなどをアドバイス。
一年に一回販売するヒーラーとして作るオルゴナイトは、4分で完売。

2016年二見書房より「売れるハンドメイド作家の教科書」を出版Amazon総合第4位
2017年つた書房より「無理せず楽に楽しく好きな仕事で自立する方法」を出版

プライベートでは、夫、23歳と20歳の男の子の母でもある。
洗濯物を干してくれる男の子に育てるには?とオファーをいただき、
子育てテレビにも出演。

 

プロフィール

吉井 久美子
吉井 久美子
様々な機能を持たせた材料を作る開発会社(有)環境科学研究所代表取締役、(一社)Hinatomoの代表理事を務める。
ハンドメイドソープなど自然の力を使いお肌と心にやさしいスキンケアブランドKumiStyle.のオーナー。人気商品は「石鹸物語」シリーズ。
教科書には書いていない発想でモノづくりをする事から付いたニックネームは発明家くみこさん。
化学は赤点にも関わらず電池特許3つ取得。そのほか暮らしや子育ての中から「あったらいいな~」の発想で様々なプロデュースと商品開発をする。
PTAや地域貢献活動をし、不登校の子供と親のための活動も開始。