何気なく食べている食事を記録する習慣のすすめ

毎日食べた食材やメニューを記録して変わったこと

こんにちは
とっても久しぶりに記事を書きました。このワードプレスもせっかく作ったので続けたいと思います!!

さて、もともとは娘が通っていた整体の先生が、お姉ちゃんの方は糖質制限するとアレルギー体質がよくなるタイプかもしれませんよ!と言われて3ヶ月弱朝のパンやお米をやめて、お肉や野菜たっぷりの汁物とチーズ・卵などの朝食にしていました。
すると長女は肌の調子・次女は便秘解消という具合で良くなったように感じていました。
それから程なく友人からのご縁で糖質制限をされている方に出会った事がきっかけで、この一か月とにかく自分が毎日どんな食事をしているのか思い出し記録する・・・という事をしました。
すると、食品に含まれている糖質・栄養そして調理法など様々な分野への興味が湧き、本を読んだりYouTubeやネットなどから様々な情報を得るようになりました。

その中から、自分のライフスタイルや悩み改善したいことなどに合わせ食事の内容を変え、以前3キロ体重を減少するのが目標でしたが、しっかり食べて楽々1.5キロ減少し、糖質・カロリーなど自分に必要なもの・口に入れたいもの・代替できるものなどを選びアレンジする力もついたように思います。
炭水化物(ごはん・パン・パスタなど)を減らしタンパク質(お肉・魚・大豆製品など)を増やしています。
でも子供たちは給食などもあるのでユル~くストレスにならないように続けています

続けて変化したのは
私の体重が減ったこと
ボーっとしなくなったこと
会社の専務が←(巻き込まれています笑)食事の記録を付けることで食べた食事を忘れなくなったこと(物覚えの向上)
アトピー体質の娘たちのお肌が綺麗になってきたこと。
成績が上がったこと(娘には、私が努力したんだ!!と怒られてます(笑))
でも体のだるさやイライラは無くなってきた自覚があるようです。

21日間続けると脳にシナプスができる!?

結構、書籍や体質改善などについて書かれているものに”21日間”という日数が書かれているものを見かけますが根拠がわからないままだったのです。でも私、YouTubeで見つけてしまったんです(笑)

脳科学者の中野信子さんが、とにかく習慣づけたいこと(禁煙・ダイエット・日記・禁酒etc・・・)はとりあえず21日間続けることを目標い置くと良いとおしゃっていました。
脳科学的に見ても21日間続けると脳内にシナプスができるそうですよ!
だからその後も続けていける確率が増えるそうです。

永遠に期限なしでは大変そうに思えることも、21日間であれば指折り数えてできそうですよね・*

スマホのアプリも結構ありますよ

書いて記録するのが一番のようですが、一日に食べた総カロリーや体重管理などにも使えるのでスマホのアプリは重宝します
私は課金なしのこのアプリを使っていますが、他にも良さそうなアプリがいっぱいありますよ!

ご興味があればぜひ^^

今日はどんな食事にしようか~って会話が増えたことも良い効果になっています。
これからの時代は食べるもの・つけるもの・洗うもの・口に入れるもの・必要なものや情報など様々な選ぶ時代になってくるので、楽しみながら子供たちにも選ぶ力をつけていってあげれたらと思います。

そうそう、そんなこんなをしている最中に、姪っ子のテニスプレイヤー奥野彩加も遊びに来ていたので、みっちりアスリートの食事について語らせてもらいました(笑)
トバッチリかなぁ~^^

私も47歳(照)しっかり食べて筋力つけて体作りもしながら、美しく歳を重ねていきたいと思います・*

プロフィール

吉井 久美子
吉井 久美子
様々な機能を持たせた材料を作る開発会社(有)環境科学研究所代表取締役、(一社)Hinatomoの代表理事を務める。
ハンドメイドソープなど自然の力を使いお肌と心にやさしいスキンケアブランドKumiStyle.のオーナー。人気商品は「石鹸物語」シリーズ。
教科書には書いていない発想でモノづくりをする事から付いたニックネームは発明家くみこさん。
化学は赤点にも関わらず電池特許3つ取得。そのほか暮らしや子育ての中から「あったらいいな~」の発想で様々なプロデュースと商品開発をする。
PTAや地域貢献活動をし、この度「音楽のちから」を使って不登校の子供と親のための活動を開始。